スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビン・ラーディンは2001年に死亡

ビン・ラ-ディンは2001年に死亡




デイヴィッド・レイ・グリフィンの提示する証拠の数々。


テロ首謀者の死 イスラム教遺体の処理


テロ首謀者とされるあの人の死について、イスラム教に従って海中に投げ入れたとの報道ですが、パリのモスクのイマムによるとそれ­は禁止だそうです。


米政府トップ内部告発者:ビン・ラディンは2001年に死亡・9・11は内部犯行
http://www.veteranstoday.com/2011/05/04/top-us-government-insider-bin-laden-died-in-2001-911-a-false-flag/
http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/546/
関連記事
スポンサーサイト

簡単イスラーム解説 Islam In Brief

カイロでコプト教会をイスラム教徒が襲撃、両教徒の衝突で9人死亡
2011年05月08日 16:23 発信地:カイロ/エジプト
http://www.afpbb.com/article/life-culture/religion/2798659/7188132?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=txt_topics



定命を常に信じているムスリムは怒ったり悲しんだりすることはあっても落胆することはない
良く思えることが実は悪いことだったり悪く思えることが実はそうではないという事が往々にしてあるからです

例 時には良い事が起きて 私たちは興奮し、とても幸せになります
ですが、しばらくしてそれが人生のうちで最も悪い出来事の1つだったことが分ります
又、時には、失望したり怒ったりしますが しばらくして、それが人生のうちで最も良い出来事の1つだと分ります

定命を信じるという事はこれら喜びと悲しみの2つの感情の代わりに「全てを満足して受け入れる」という感情を持つことです
おきることは全て受け入れます


イスラーム理解の図解付ガイド
http://www.islam-guide.com/jp/contents-wide.htm

混迷の中東情勢 パレスチナ現地リポート



パレスチナ 2011
http://ima-ikiteiruhushigi.cocolog-nifty.com/palestine/2011/04/2011-9e0f.html

パレスチナ 

エルサレム 共通の聖地
ユダヤ教 嘆きの壁
イスラム教 アル=アクサー・モスク 
キリスト教 ゴルゴタの丘

イスラエル
2つのパレスチナ自治区
ガザ地区 西岸地区 
入植 領土の拡大

アパルトヘイト・ロード 差別の道

動物園の檻 
ビア・ナバラ村 孤立した家
精神的に抑圧
監視された檻

自爆テロ

ベットエル入植地
入植地に住むイスラエルの人たちは・・・
解決策はないと言う入植者 「神が私たちイスラエル人だけに授けてくれた土地」
「アラブ人にはアラブ人の土地がたくさんあるのだからそこに行けばいい」
夫婦
「彼らにとって大問題でも私たちには問題ではない」
「私たちは静かに暮らしたいだけ 私たちに攻撃してくるのはいつも彼ら」

イスラエルとパレスチナを隔てるものは分離壁だけではなさそうです。

壁に囲まれた街
ガザ地区

取材ディレクター 江野夏平

エレツ検問所

イスラム原理主義組織ハマスの管理下

パレスチナ自治区ガザ
虐殺疑惑の真意・・・

パレスチナ自治区ラファ
生きていくために密輸

パレスチナ自治区ザイトゥン
大規模空爆
20人以上が犠牲になった虐殺が取り沙汰される疑惑の地
「皆殺しだ」「1人殺した。後は」「戦争だ。平和はいらない」

パレスチナ自治区ビリン村
入植により多くの土地を奪われた村
犠牲になったのは平和活動家 何故・・・

取材カメラマン 小沢敦
パレスチナの現実
何も変わっていない

江野夏平
パレスチナ自治区 解説
アメリカの決断は

作家 若一光司
明らかに法律違反 国連法違反
イスラエルはことごとく無視してきた
それを支えているのはアメリカ
アメリカは最大の援助国 
アメリカのユダヤ人は国民の3%くらいしかいないが、大変な政治的影響力を持っている
ユダヤーロビーを無視して大統領になれないと言われている
アメリカはイスラエルと全く同じ合体的政策をとっている
ダブルスタンダードの矛盾さが全部パレスチナに集約されている。

日本の援助でのパレスチナの公共施設を造られた歴史
イスラエルは日本が支援した施設すらも破壊
日本はこれに対してほとんど抗議をしていない
これもおかしな事だと思う

鳥越俊太郎
根源を取り除かないとそれはなくならない

移民亡国ドイツ


2011年2月17日、多文化共生の現実。

伝統的なキリスト教文化。
自ら壊れゆくドイツ
イスラム移民との対立。
人種差別
労働者としてトルコ人受け入れ。
トルコ系を中心としたイスラム教徒。200万~400万人に。
金融危機の結果、ドイツ人の間にも失業者が。

ドイツ ケルン
カトリック大聖堂。
最大規模のモスクの建設。
イスラム化するドイツの現場

ドイツ政府の取組。
ドイツ社会の基本理念を教える学習講座。
イスラム系指導者に。
社会になじんでほしいと呼びかけ。

イスラム教徒は今ドイツだけでなくヨーロッパ各国で人口が急増している。
様々な摩擦や対立が起きている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。