スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中東情勢 中東座談会 内戦リビアで今何が?

リビア情勢 エジプト情勢


出演
アーデル・スレイマン 翻訳家
モクタリ・ダビッド ジャーナリスト 元イラン国営通信社の東京特派員
ロバート・キャンベル 日本文学者 東京大学教授
谷口智彦 ジャーナリスト 元外務省副報道官
飯塚正人 東京外国語大学教授 宗教学者 専門はイスラーム学
川村晃司 テレビ朝日コメンテーター

内戦リビアで今何が?

アーデル・スレイマン
特段不満のない市民生活 カダフィのアメとムチ
民主主義 ポストカダフィの受け皿は
辞任ができない立場
元法務大臣 彼を元にどういったシステムを築いていけるか

川村
カダフィ リビアは自分の所有物 そういう構造、精神構造


リビア情勢 / 市民への無差別大量虐殺を直ちに止めろ!:在日リビア大使館前抗議行動
http://ima-ikiteiruhushigi.cocolog-nifty.com/gendaisekai/2011/02/post-0af5.html
関連記事
スポンサーサイト

アメリカで反戦デモが実施

0504us20hansen[1]

アメリカで反戦デモが実施 2011年 5月 04日
http://japanese.irib.ir/index.php?option=com_content&view=article&id=18080:2011-05-04-12-08-03&catid=17:2010-09-21-04-36-53&Itemid=116
アメリカで、反戦活動家らが、ホワイトハウス前に集結し、イラクやアフガニスタンからのアメリカ軍の撤退を求めました。
プレスTVによりますと、テロ組織アルカイダの指導者ビンラディン容疑者の死亡の発表を受けて行われたこのデモ集会で参加者らは、アメリカの好戦的軍国主義的な政策の終結の必要性を強調しました。
アメリカのオバマ大統領は、1日日曜、テレビ演説を行い、ビンラディン容疑者は、パキスタンの首都近郊で殺害されたと発表しました。
ビンラディン容疑者は、2001年9月11日のアメリカの同時多発テロ事件など世界各地で起こった数多くのテロ攻撃に関与した疑いで、指名手配されていました。
多くの政治評論家は、ビンラディンが志望したことで、アメリカ主導の外国軍は、もはやアフガニスタンに駐留する理由はないと考えています。
アメリカは、2001年、同時多発テロ事件後、テロとの戦いを口実に、アフガニスタンを攻撃し、その後、2003年、イラクを攻撃し、占領しました。
現在、アフガニスタンには、アメリカ兵およそ10万人を含めてNATO北大西洋条約機構軍15万人が駐留しています。
NATO軍の駐留にも拘らず、アフガニスタンでは、今も、衝突が多く見られています。


アメリカだって怒っている 2003年2月15日
http://www.cafeglobe.com/news/peacedemo2/
03ab.jpg

全米11都市で大規模な反戦デモ 2007年10月27日
http://www.newslogusa.com/?p=248

イラク戦争開戦から20日で5年、ロンドン・ロスなどで大規模な反戦集会 2008年03月16日
http://www.afpbb.com/article/politics/2365309/2742925

リスボン3万人反戦デモ/平和団体、NATO批判 2010年11月22日
http://news.livedoor.com/article/detail/5156469/

アメリカでの反戦デモ 2010年 11月 30日
http://japanese.irib.ir/index.php?option=com_content&view=article&id=15030:2010-11-30-13-52-28&catid=16:gozarash-kabari&Itemid=118

リビア攻撃で反戦デモ NYタイムズスクエア 2011年3月20日
http://aggregator.jp/archives/7155



反戦デモして何か変わるの?  2003-02-17
http://okwave.jp/qa/q475212.html

アメリカ軍の自殺が増加

us20gun[1]
アメリカ軍の自殺が増加
http://japanese.irib.ir/index.php?option=com_content&view=article&id=18085:2011-05-04-13-23-55&catid=17:2010-09-21-04-36-53&Itemid=116
アメリカ軍兵士のアフガニスタン侵攻から10年目に入り、アメリカ軍兵士の自殺が増加しています。
IRIB記者が、4日水曜、ニューヨークから伝えたところによりますと、アメリカ国防総省は、「2010年の1年間だけで、343名の兵士が自殺、あるいは近親者を殺害した」と発表しました。
なお、2009年には69名が自殺しました。
この報告によりますと、アメリカ国内にある最大基地、テキサス・フォートフッド陸軍基地には、4万6500名の兵士が駐屯していますが、2010年、22件の自殺がありました。この統計は、2009年の2倍に増えています。
この基地の司令部は、24時間の電話サービスを設置し、家族や自身が自殺をほのめかしている兵士を説得し、それを断念させようと努めています。
心理学者は、現在、兵士である人たちより、以前、戦場に行ったことのある人の方が、2倍も自殺を考える傾向にあるとしています。


アメリカ軍の自殺率が記録的な高い数値に BBC 2009/01/30
http://www.medicalnews.jp/?itemid=1308

アメリカ軍の自殺が多い 2010年04月25日
http://blog.swingby.jp/archives/1333967.html
http://blog.swingby.jp/archives/1334975.html

「兵士の経験:イラクとアフガニスタン」のタイム紙のビデオ

なぜアメリカは戦争を続けるのか

なぜアメリカ戦争を続けるのか (アメリカ 2004年)



軍需産業
国防に携わる人 350万人

自由と民主主義。
自由のための戦争。正義のための戦争
平和のための軍事力。
自由の敵

CIA顧問 チャルマーズ・ジョンソン
CIAの用語 ブローバック 秘密裏に行われた行動が、
予想外の結果を生むこと

元ニューヨーク市警 巡査部長

アメリカの歴史
ほとんどの大統領がどこかで軍事力を駆使している。
大統領や、政党だけの判断だけでなく、自由や利益のためになると国民が判断したからに他ならない。

ブッシュ大統領
アメリカの帝国主義の拡大。
チェイニー 新たなローマ帝国になるだろう

イラク戦争はでっちあげられたものだった。

ジョン・マケイン
ブッシュドクトリン

国防総省顧問 リチャード・パール

湾岸戦争時に米軍がバスラで核兵器使用か(イタリア国営放送「RAIニュース24」)



イタリア国営放送のニュース専門チャンネルRAIニュース24は
2008年10月9日(木)の放送で、湾岸戦争時に米軍がバスラで1991年2月27日に小型の核兵器を使用したのではないかという26分のドキュメンタリー番組を放映し­た。
この番組内容を紹介しているロシアRTRによると、
その根拠として、
・元米軍兵士ブラウン氏の証言:「爆弾の威力は5キロトン」
・問題の爆弾が投下された時刻に同じ地域でマグニチュード4.2を観測
これは5キロトンの爆弾の威力と一致
米軍によると、使用した爆弾はビッグブルー2という通常爆弾
バスラでのガン患者の急増
(ただしこれは劣化ウラン弾の影響もあるので決定的な証拠ではない)
更には、2002年3月にアフガニスタンでも同じ爆弾が使用された可能性があるという。
しかし
・国際的な厳しい監視体制下では、核兵器の使用が見逃されることは考え難い
・軍事的な必要性もない
とした上で、国際的な調査が必要だと番組は主張していると、
ロシアRTRは紹介している。

イラク―放射能を浴びる子ども達
http://jmatome.blog39.fc2.com/blog-entry-271.html

「ナイロビの蜂」原作者ジョン・ル・カレ特別インタビュー: グローバリゼーション、イラク戦争、情報操作

http://www.youtube.com/watch?v=4UOpvvk4J4c
*ジョン・ル・カレ(John le Carré)英国のスパイ小説作家。本名デイヴィッド・コーンウェル。1950年代後半から60年代初頭まで英国の諜報機関MI5、MI6に勤務した経験を活かし冷戦を題材とした作品を発表。代表作『寒い国から帰ってきたスパイ』『ナイロビの蜂』ほか。番組中、イラク戦争を米国と始めたブレア元英国首相を厳しく批判している。
関連記事

映画 ハート・アタッカー

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。