スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大規模な人口削減計画

234 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/04/27(水) 12:59:06.17 ID:5FazY7xx0 [1/2]
イルミナティにとって最大の課題は人口調節であり
自分たちが使役するゴイム(家畜)を必要にして十分な数に抑制するため、大規模な削減を計画したのである。
今、得られている情報によれば、2011年までに5億人に調節するというもので、このために、あらゆる大量死の陰謀が仕掛けられた。
それは戦争であり、疫病であり、饑餓であり、遺伝子劣化であり、不妊化である。
もちろん、この大恐慌も、そうした社会不安や大戦争を用意するために意図的に仕掛けられたものだ。 
何度も伝えたように、AIDS(HIV)はアフリカのネグロイド(黒人)を選択的に殺戮するために開発され放たれた。
すでに死者は一億人を超えている。その後、ラッサ熱やペストも放たれたが、自然の仕組みで淘汰されてしまった。
SARSは中国のモンゴロイドを殺戮するために放たれたが、これも失敗した。
そして鳥インフルエンザをインドネシアに放ったが、これもうまくいってない。
そこで最期の切り札とし新型インフルエンザが登場した。
これは、最初軽毒性にし、そこでワクチンを世界中に頒布する。
その後、ワクチンの効かない強毒鳥インフルエンザ型に変異させ、そこで数十億人を殺戮する計画といわれる。
しかも、このワクチンには不妊化作用が含まれている。

核戦争に関しては、その放射能汚染が特権階級にまで被害を及ぼす恐れがあるため、現在では抑止されているのだという。あとは食料危機だ
カーギルモンサント社などが、世界中の種子に特許権を設定し、自然界にある種子にすら自分たちの利権を設定し、それを有料で使わせる。
モンサント特許の種子は、自然界に氾濫し、そこで交雑することで種の取れないF1型に変異してゆく。
一般の農場で、昔ながらの自家採種をしている農場に
モンサント種子を上空から散布し、そこで勝手に生えてきた農産物を特許侵害として訴え、莫大な賠償金をせしめて農地を取り上げてしまう。
これがモンサントの有名な常套手段である。
こうした一連の計画を実施するにあたっって、ビルゲイツの果たした役割は大きい。
彼はユダヤ人で、MSDOSやWINDOWSはゲイツの考案でなく、ビルダーバーグ会議の意志によって開発されたものであり
その後の、WINDOWSが一人勝ちして市場を独占し、特許ライセンスによって膨大な利益を上げてきたのも、すべて計画されたものであった。
そのゲイツが、モンサントと共同して、北極に大規模な種子保存施設を作った。このことの意味は大きい。
すなわち、これか数年以内に、世界中の植物が破壊される計画を意味するものだ。
生き残るのは、モンサント・ゲイツの種子を所有するイルミナティと、その奴隷だけという仕組みである。
関連記事
スポンサーサイト

ワクチンには何が入っているの? アレックス・ジョーンズ ショー



メイヤー・アイゼンスタイン博士がゲストのアレックス・ジョーンズ・テレビ。
2009年8月25日午後1:00~2:30までの放送分
Dr. Mayer Eisenstein on Alex Jones TV 1/6: What's in the Vaccine Shots?
Broadcast at 1:00PM-2:30PM CST on Tuesday, August 25th, 2009.


(日本語字幕)ロシア・トゥデイ 新型インフル発生の真相・バイオテロ
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。