スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界のドキュメンタリー ユダヤ過激派~イスラエル・終わらない戦い~



制作 イスラエル (2005年)

過激派と言うとイスラム過激派を思い浮かべる人が多いと思いますが、イスラエルにはユダヤ過激派が存在します。

ユダヤ過激派の素顔や実態
政治と宗教が複雑に絡み合ったイスラエルの現実を新たな視点からより深く理解する
関連記事
スポンサーサイト

反シオニスム=反ユダヤ イルミナティの狡猾



フランスの反イスラエル分子をつぶすため、在仏ユダヤ人団体会長キュキエルマンは反シオニスムを反ユダヤと決め付ける。非難を受­けた極左のブザンスノ氏は名誉毀損だと憤慨。2008年テレビ討論の抜粋。

爆笑問題のニッポンの教養 「イスラム・世界・ニッポン 山内昌之(歴史学・イスラム史)」




http://www.nhk.or.jp/bakumon/previous/20090414.html

東京大学 歴史学 山内昌之

イスラム地域研究

ガザ戦争

パレスチナ

政治・宗教・経済・人権

悪魔の詩
ムハンマドの風刺画事件

西洋とイスラムの対立の歴史

トルコの自己変革

ラマダーン 断食

聖書、コーラン 人の解釈によって変わる


http://cibaakira01.blogspot.com/2009/11/blog-post_19.html
E5AE97E69599[1]
関連記事

混迷の中東情勢 パレスチナ現地リポート



パレスチナ 2011
http://ima-ikiteiruhushigi.cocolog-nifty.com/palestine/2011/04/2011-9e0f.html

パレスチナ 

エルサレム 共通の聖地
ユダヤ教 嘆きの壁
イスラム教 アル=アクサー・モスク 
キリスト教 ゴルゴタの丘

イスラエル
2つのパレスチナ自治区
ガザ地区 西岸地区 
入植 領土の拡大

アパルトヘイト・ロード 差別の道

動物園の檻 
ビア・ナバラ村 孤立した家
精神的に抑圧
監視された檻

自爆テロ

ベットエル入植地
入植地に住むイスラエルの人たちは・・・
解決策はないと言う入植者 「神が私たちイスラエル人だけに授けてくれた土地」
「アラブ人にはアラブ人の土地がたくさんあるのだからそこに行けばいい」
夫婦
「彼らにとって大問題でも私たちには問題ではない」
「私たちは静かに暮らしたいだけ 私たちに攻撃してくるのはいつも彼ら」

イスラエルとパレスチナを隔てるものは分離壁だけではなさそうです。

壁に囲まれた街
ガザ地区

取材ディレクター 江野夏平

エレツ検問所

イスラム原理主義組織ハマスの管理下

パレスチナ自治区ガザ
虐殺疑惑の真意・・・

パレスチナ自治区ラファ
生きていくために密輸

パレスチナ自治区ザイトゥン
大規模空爆
20人以上が犠牲になった虐殺が取り沙汰される疑惑の地
「皆殺しだ」「1人殺した。後は」「戦争だ。平和はいらない」

パレスチナ自治区ビリン村
入植により多くの土地を奪われた村
犠牲になったのは平和活動家 何故・・・

取材カメラマン 小沢敦
パレスチナの現実
何も変わっていない

江野夏平
パレスチナ自治区 解説
アメリカの決断は

作家 若一光司
明らかに法律違反 国連法違反
イスラエルはことごとく無視してきた
それを支えているのはアメリカ
アメリカは最大の援助国 
アメリカのユダヤ人は国民の3%くらいしかいないが、大変な政治的影響力を持っている
ユダヤーロビーを無視して大統領になれないと言われている
アメリカはイスラエルと全く同じ合体的政策をとっている
ダブルスタンダードの矛盾さが全部パレスチナに集約されている。

日本の援助でのパレスチナの公共施設を造られた歴史
イスラエルは日本が支援した施設すらも破壊
日本はこれに対してほとんど抗議をしていない
これもおかしな事だと思う

鳥越俊太郎
根源を取り除かないとそれはなくならない

Heart of Jenin ジェニンの心



BS世界のドキュメンタリー<シリーズ 受賞作品> ジェニンの心
http://www.nhk-g.co.jp/program/news_documentary/2011/027/

Heart of Jenin
http://www.pbs.org/wnet/wideangle/episodes/heart-of-jenin/videofull-episode/5120/

ジェニンの心
http://ricochan7.blog87.fc2.com/blog-entry-747.html
原題:「DAS HERZ VON JENIN/THE HEART OF JENIN」
製作国:2008年・ドイツ/イスラエル(約50分)
制作:EIKON Südwest
監督:レオン・ゲラー/マルクス・フェッター
プロデューサー:エルンスト・ガンツェルト/ウリ・プファウ
編集:サスキア・メッテン
放送:NHK BS世界のドキュメンタリー

ヨルダン川西岸地区のジェニンでおもちゃの銃で遊んでいた12歳のパレスチナ人少年アフメッド・ハティーブがイスラエル兵に頭部を撃たれた。本物の銃を持っていると誤認されたのだ。
頭を撃たれたアフメッド・ハティーブは、すぐに病院に運び込まれたが脳死状態に。病院の医師は父親に臓器移植を希望するかどうかを確かめる。父親はイスラム教の導師・イマームに相談し臓器移植を了承することを決断。
そしてパレスチナ人の臓器がイスラエル人に移植される。手放しに感謝する親もいれば、手術直後のインタビューで「パレスチナ人から移植してほしくなかった」と口走る親もいた。
アフメッドの父親は、その後、移植を受けた子どもの家族を訪ねる。涙ながらに感謝する親、最初に発したきつい言葉を謝罪する親など対応は様々。しかし、生きる希望を授かった子ども達を見るアフメッドの父親の眼は優しい。その一方で「自爆テロより私の子ども行為のほうが、イスラエルに対する抵抗活動としては効果的だ」と微妙な発言もする。
パレスチナ人少年の臓器移植をめぐる関係者たちの心の揺れを丁寧に描く。(NHKより)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。