スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<HAARP技術で、地震を起こすは、無理があるのでは?>

<HAARP技術で、地震を起こすは、無理があるのでは? パート4>
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1158133001

電離層研究施設という名の「電離層加熱装置」は、世界に数々あるが、分子が電離層研究施設という名の「電離層加熱装置」は、世界に数々あるが、分子がバラバラになる数千度になるまで、電離層を加熱することができるのは、アラスカ州南東部にある過疎地ガコーナに設置されてある「電離層研究装置(IRI:the Ionospheric Research Instrument)」だけです。
1990年に建設が始まり、2005年末に完成した「IRI」は、実効輻射電力3600キロワットを誇る「世界最大の無線電波発生装置」で、IRI設備で発生された高周波エネルギーを、“独自の方法で集中させ”、大気の上部にある「電離層」に照射することで、数千度になるまで加熱させる事を可能にし、その数千度になるまでの加熱により、IRIアンテナで飛ばされた電波が、電離層で「極超長波(ELF:extremely low frequency)」を引き起こし、それが電離層から反射する形で、地表や水中に貫通され、地震が誘発されるのですが、このHAARPの優れた点は、高パフォーマンスで、狙った場所に、ピンポイントに地震を誘発させることができる、という事です。...



Dr.Nick Begich Angels Don't Play This Haarp: Advances in Tesla Technology
http://www.amazon.com/Angels-Dont-Play-This-Haarp/dp/0964881209
Jerry E. Smith - WEATHER WARFARE
http://www.jerryesmith.com/index.php/2

ジェリー・E・スミス 気象兵器・地震兵器・HAARP・ケムトレイル
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4880862711/ref=cm_rdp_product_img
ニック ベギーチ , ジーノ マニング 悪魔の世界管理システム「ハープ」
http://p.tl/jFbP
『天使はこのHAARPを弾かない』の共著者 ニック・ベギーチ博士による解説 より
http://kakokijiyou.seesaa.net/article/88242024.html

Jerry E. Smith HAARP - The Ultimate Weapon Of The Conspiracy (01 of 07)


http://nwoblog.com/haarp-the-ultimate-weapon-of-the-conspiracy-06-of-07/

Dr. Nick Begich Angels Still Don't Play This HAARP

The sequel to 'Angels Don't Play This HAARP'. This documentary is a visual accompaniment to the book by Dr. Nick Begich, 'Angels Still Don't Play This HAARP: Advances In Tesla Technology'.

Dr. Nick Begich 動画
http://p.tl/hRaE

Dr. Nick Begich: Fukushima Fallout is Worse Than What The Media is Telling Us! The Alex Jones Show
関連記事
スポンサーサイト

アメリカ軍のプラズナー(プラズマ兵器)

659 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/04/26(火) 06:38:38.73 ID:X6Zv5AEi0 [4/10]
これ凄くない?富士山に来てるのも同じ連中かな

122 名前:Mr. Pandora[] 投稿日:2011/04/26(火) 04:55:28.82 ID:ACIg4Ser0
イスラム教の聖地「岩のドーム」の真上に UFO が出現?。

Jerusalem UFO 2011! - Witness Video 4 Syncronized.flv


Jerusalem UFO


実は、これは UFO では無く、アメリカ軍のプラズナー(プラズマ兵器)のデモンストレーションだと思われます、恐らくアメリカ軍のプラズナー(プラズマ兵器)は ほぼ100%完成してると見て間違いないでしょう。

プラズマ”は強力な宇宙線や電波などが空間の 一点で交差した所に発生し,又その”プラズマ”の温度によっても,その性質が非常に異なって くるようだ.
この”プラズマ”と言う現象を簡単に説明すると,気体の分子が電子と陽イオンに電離した状態に なっているものである.

(#1):「無実体プラズマ・システム」これはプラズマ自身を使った兵器システム,”プラズナーⅠ”.
(#2):「有体プラズマ・システム」これは(無人の)物体をプラズマによって輸送するシステム,”プラズナーⅠ”を応用・発展させた”プラズナーⅡ”.
(#3):「有人・飛行プラズマ・システム」これはUFOのように人間が搭乗・可能なプラズマによる飛行システム,”プラズナーⅢ”.

※「プラズナーⅠ、プラズナーⅡ」:マイクロ波を衛星でリレーすることにより、地球上の どこでもプラズマを発生させることができる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。