スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシア首相、日本の原子力産業を激しく非難

0501putin.jpg

ロシア首相、日本の原子力産業を激しく非難
http://japanese.irib.ir/index.php?option=com_content&view=article&id=18016:2011-05-01-08-42-00&catid=17:2010-09-21-04-36-53&Itemid=116
ロシアのプーチン首相が、日本の原子力産業を激しく非難しました。
フランス通信が伝えたところによりますと、プーチン首相は30日土曜、同国の首都モスクワの南に位置するペンザで行われた物理学者との会合で、日本の原子力発電所が地震の起きやすい地域に建設されていることと、福島第一原発事故に対する日本政府の対応を非難したということです。
プーチン首相は、「日本政府は、福島第一原発の冷却装置が壊れた際、代わりとなる電源を確保すべきだったし、新たな代替電源を速やかに国中から福島原発に集めるべきだったが、こうした措置は取られず、このため問題が起こった」と述べました。
プーチン首相は、日本の原子力発電所は老朽化しているとし、「近代的な保安システムを有するロシアの原子力発電所では、このような事故は起こらないだろう」と述べました。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。