スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山下俊一福島県放射線アドバイザー 2011/05/03 二本松での講演

5/3二本松市 山下俊一氏講演 (質疑応答書き出し)
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-276.html

933 名前:名無しさん@涙目です。(東京都)[] 投稿日:2011/05/04(水) 00:25:30.67 ID:mkj3q9hc0
山下俊一福島県放射線アドバイザー
2011/05/03 二本松での講演


「皆さんはここに住み続けなければならない。ここで生きていかなければならない。
現実です、理論じゃない。長崎や広島がそうでした。」
「これから、みなさんが病気になるのを調べるには福島県民みなさんの協力が必要です」
「10年後の放射線による影響は福島県民全員の協力の上で、疫学調査をしなければなりません。
だからここで影響にはついては言えない」
「年間20という国の指針が出たんだから、国の指針に従うのは国民の義務です」
「100mSv以下では放射能の影響は科学的に証明されておらず
結果は何十年後にならなければわからない。
だから自分は福島の人達に安心してもらうように心配ありませんと言い続けてきた」
「100mSv以上一度に浴びなければ発がん性リスクは確認されてない」
「平時に定めた1ミリを20ミリに上げた事が容認できない方はそこから避難するしかない。 」
「私は安全を皆さんに言ってない。安心を語っている」意味不明
ついに化けの皮がはげました。


377 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2011/05/04(水) 18:05:50.26 ID:MTrBnd9w0 [3/6]
山下俊一氏による講演(5月3日・二本松市)【前半/講演】
http://www.youtube.com/watch?v=7364GahFWKI

山下俊一氏による講演(5月3日・二本松市)【後半/質疑】
http://www.youtube.com/watch?v=ZlypvPRl6AY

100msv/年以下では癌患者は発生していないから安全だと住民に断言している。
しかし、現実は
   ↓

原発・核燃料施設労働者の労災申請・認定状況
http://www.geocities.jp/koshc2000/accident/hibakuninnteihyo.html
支給  慢性骨髄白血病  11ヶ月で40ミリシーベルト
支給  慢性骨髄白血病  8年10ヶ月で50.63ミリシーベルト 死亡
支給  急性単球性白血病  11年で74.9ミリシーベルト   死亡



福島の子どもたちを守りましょう

山下俊一は、福島県立医科大学入学式後「諸君らは紛れもなく、放射線の健康影響についての第一人者になります」とスピーチしています。
これから、福島で放射線被害が増えることを予告しているのです。
このままでは、福島県人は山下のモルモットになってしまいます。

「社会的責任のための医師の会は、年間20mSvは発癌リスクを200人に1人にまで高めると指摘」
http://www.j-cast.com/2011/05/02094683.html

「20mSvの被曝による癌死の確率は1000人に1人と安全委員会が認める」 http://fpaj.jp/news/archives/2722
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。