スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EU外務、安全保障防衛政策委員会 HAARPの気候を混乱させる兵器システム

eu-flag[1]

502 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(福岡県)[sage] 投稿日:2011/05/23(月) 17:49:19.38 ID:ImlkM3HxP [2/5]
1999年1月14日
EU外務、安全保障防衛政策委員会
報告者:ミセス ブリット・テオリン少佐

HAARPの - 気候を混乱させる兵器システム

HAARP can be used for many purposes.
Enormous quantities of energy can be controlled by manipulating the electrical characteristics of the atmosphere.
If used as a military weapon this can have a devastating impact on an enemy.
HAARP can deliver millions of times more energy to a given area than any other conventional transmitter.
The energy can also be aimed at a moving target which should constitute a potential anti-missile system.

HAARPのは、多くの目的のために使用することができます。
エネルギーの膨大な量が大気中の電気的特性を操作することによって制御することができます。
軍事兵器として使用する場合、これは敵に壊滅的な影響を持つことができます。
HAARPは、他の従来機よりも特定の領域に数百万倍以上のエネルギーのを提供することができます。
そのエネルギーは潜在的なミサイル防衛システムを構成する必要がある動く標的を目標にすることができます。


Another damaging consequence of HAARP is the occurrence of holes in the ionosphere caused by the powerful radio beams.
The ionosphere protects us from incoming cosmic radiation.
The hope is that the holes will fill again, but our experience of change in the ozone layer points in the other direction.
This means substantial holes in the ionosphere that protects us.

HAARPのもう一つの有害な結果は、強力な無線機はビームによる電離層の穴の発生です。
電離層は、宇宙放射線から私たちを保護しています。
希望は、電離層に開いた穴が再び埋められるということ。しかし、オゾン層の変化の経験は他の方向を指摘しています。
それは私たちを守っている電離層の実質的な穴を意味します。

http://www.europarl.europa.eu/sides/getDoc.do?pubRef=-//EP//TEXT+REPORT+A4-1999-0005+0+DOC+XML+V0//EN
関連記事
スポンサーサイト

電磁波?突然ろれつが回らなくなって意味をなさない 音声(Gibberish)を突然発しだす事件が複数起きている件。

チェコの女性リポーターもなったそうです。


http://www.whatdoesitmean.com/index1467.htm


電磁波について教えてください。
http://okwave.jp/qa/q1965576.html
電磁波過敏症 (wiki)
電磁波過敏症とは何ですか?
http://ktai-denjiha.boo.jp/faq/answer/kabinsho.html
電磁波ナビ
http://www.denjiha-navi.com/watch/backnumber200509.html

249 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/04/03(日) 23:18:33.17 ID:350IyEfG0 [1/3]
地震じゃないけど電磁波つながりで気になっているのが、

最近アメリカのTVアナウンサーとか番組出演者が
突然ろれつが回らなくなって意味をなさない
音声(Gibberish)を突然発しだす事件が複数起きている件。

これに関して、マイクロウェーブによる脳波への干渉テスト
の一環と考える人達のブログ等も見かけました。

電磁波でコントロール?まさか~w」という自分でしたが、
Youtubeで1件ずつ見てくと正直笑えない。

実際にアナウンサー達の喋りは明らかに変。
かといってドラッグやっていそうな感じじゃ全くない。

途中まで普通に話してるのに、突然おかしくなったりする。
本人は一生懸命話し続けてるのに、言語中枢に
障害を負った人のように単語がきちんと口から出てない。

中には医師の診察を受けた人もいて、
ある女性リポーターは発作に襲われた形跡はないが
偏頭痛があったらしいとのこと。

この現象、まだ日本では起きてませんよね?

アラスカの施設が実際どんな機能があるかはともかく、
今世界でかつて無いことが色々起き始めていること、
未公開の技術等が顔をのぞかせつつあるのは確かかもしれません。

なんか今回の地震・原発騒ぎで、オカルト扱いしていた世界が
以外とトンデモではなかったように思う今日この頃orz

262 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/04/03(日) 23:38:09.98 ID:350IyEfG0 [3/3]
>>254

日本語訳されたブログからリンク先を見て知った話です。
英語分かる人なら、ビデオ見て変さが分かるはず。

http://www.whatdoesitmean.com/index1467.htm

ジャッジ・ジュディという公開裁判番組の
アンカーも最近ちんぷんかんぷん発言して
病院に搬送されるも、今は元気にしてるそうです。

意味不明発言した後、普通の状態に戻って
「なんか調子が悪いみたい」と話し出したようです。

なんかスイッチ入るみたいですね。
若者もシニアもなるので共通点は?ですが。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。